1. 宮城教育大学 留学希望者への情報
  2. 宮城教育大学で研究生を希望する留学生の皆さんへ

宮城教育大学で研究生を希望する留学生の皆さんへ

本学で、研究生になりたい人は、研究指導を希望する教員(以下、「指導希望教員」の内諾を得ることが必要です。指導希望教員の内諾を得られない場合は出願できない ので、十分注意して下さい。

なお、本学教員の研究分野は、本学ホームページの教員一覧(http://www.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/KyouinDB/DB.php) の教員一覧で確認できます。

指導希望教員を決め、出願するまでには、次のような手続きが必要になります。

  1. 教員一覧を見て、あなたの専門に合う指導希望教員をみつけます。
  2. 指導希望教員がみつかったら、教員と直接連絡を取って、研究内容について相談しましょう。
    * あなたが日本にいる場合は、教員と直接会って研究内容について相談して下さい。
    * あなたが日本にいない場合は、国際電話やメールなどで研究内容について教員と直接相談をして下さい。教員との相談は、必ず自分でして下さい。代理人などほかの人には頼まないようにして下さい。
  3. 指導希望教員と研究内容について十分に相談し、内諾を得て下さい。内諾を得て出願するまでには、長い時間がかかります。少なくとも留学の1年以上前から準備しておきましょう。
  4. 本学で研究生になるには、最低でも、日本で生活できる日本語力(日本語能力試験の3級またはN4以上)が必要です。しかし、それだけでは十分ではありません。研究生として研究を行うためには、日本語能力試験の2級またはN2以上の日本語力が必要になります。ですから、できるだけ早く日本語の学習に取り組み、日本語能力試験または日本留学試験「日本語」を受験して下さい。出願時には、どちらかの試験の結果を提出しなければなりません。
  5. あなたが大学院への進学を希望する場合には、指導希望教員に相談して下さい。あなたのこれまでの学歴によっては、大学院入学試験の受験資格がないこともありますから、研究生申請のときには、確認しておきましょう。
  6. 入学願書は必ず自分で書きましょう。特に、入学願書の「研究計画」は、指導希望教員と相談して記入して下さい。
  7. 出願にあたっては、指導希望教員の「指導内諾書」が必要になります。指導希望教員に記入してもらいましょう。
  8. 出願する際には、書類に記入漏れがないか、その他不備がないかをよく確認して下さい。日本語以外で書かれた書類については、日本語訳も必要ですので、注意して下さい。
  9. 研究生の選考は、書類審査(必要がある場合は、面接)により行います。審査の結果、指導希望教員の内諾を得ていても、入学が不合格になる場合もあります。また、書類に虚偽の記入があった場合には、入学後でも入学を取り消す場合がありますから、注意して下さい。
  10. 研究生として入学が許可された場合、指導教員の指導により、研究課題に即して、専門分野の研究を行い、所定の期間内に「研究報告書」を提出し、研究期間の満了をもって修了することになります。
  11. 入学後1ヶ月間は、アルバイトを行うことが出来ません。入学する前に、生活するための資金をある程度用意して下さい。

留学希望者のための留学説明会

ページの先頭に戻る