1. 宮城教育大学 留学希望者への情報
  2. 事務からのお知らせ
  3. 留学生春期実地研修(気仙沼)を開催しました

事務からのお知らせ

2017/06/01 留学生春期実地研修(気仙沼)を開催しました

5月27日~28日の2日間、気仙沼で留学生の研修を行いました。

気仙沼は、2011年3月11日の東日本大震災で津波による大きな被害を受けた地域。

その地域を実際に自分の目で確かめるとともに、地域の人々と交流しながら日本文化を改めて考えることが目的です。

今回は、カナダ・マニトバ大学から3週間の短期で本学に来ている留学生も一緒に行きました。

まずは、そば打ち体験。10割そば粉で作るそばは難しかったですが、みんな一生懸命作っていました。

DSC_7224

DSC_7223

その後は、地域の皆さん家で民泊体験。

終わった後の別れが名残惜しそうでしたので、とても楽しかったのではないでしょうか。

 

2日目は、語り部さんによる被災地の説明。

防潮堤の建設など、復興に関する説明や、地元の方の思いなどを真剣なまなざしで聞きました。

途中、フカヒレを干している様子も見学。(珍しい)

DSC_7239

 

その後、日本三景である松島を散策して帰りました。

 

実際に被災地を目にして、留学生たちはどんなことを考えたでしょうか。

ぜひ母国に帰っても、今回の研修で学んだことを思い返して欲しいですね。

 

お知らせ一覧に戻る

ページの先頭に戻る