1. 宮城教育大学 留学希望者への情報
  2. 事務からのお知らせ

事務からのお知らせ

2017/01/19 折り紙教室を開催しました

「折り紙」

それは日本の伝統とも言うべき技の結晶。

心・技・体の全てを一致させて一枚の紙に挑むその様は、まさに職人芸。

そんな折り紙教室に本学留学生も参加しました!

DSCN3083
1月12日と13日は、このような「繋がったツル」を折る練習をしました。

講師は、日本折紙学会会員の福島先生です。
(本学防災教育未来づくり総合研究センターの先生です)

DSCN3086
日本人学生と一緒に、苦戦しながらも頑張って作品をつくりました。

P1010026
作り方を教え合う場面も。

P1010027
1月19日と20日は、難しい「かぶと」に挑戦しました。

留学生たちはとても楽しみながら日本文化に触れていました。
今後もこのような機会をたくさん増やしていければ良いと思います。

詳しく見る

2016/12/28 「留学生日本語スピーチコンテスト」と「留学生を囲む会」

12月13日(火)に、毎年恒例の留学生日本語スピーチコンテストを開催しました。

結果はこちらです。

最優秀賞
ドミンゴさん(フィリピン)「バレンタインデー」

視点優秀賞
張 珈禎さん(台湾)「教えて日本」

表現力優秀賞
陳 泓佑さん(台湾)「日本と台湾の違い」

ユーモア優秀賞
ダーランさん(インドネシア)「がんばって だーらん」

審査員特別賞
具 滋成さん(韓国)「日本語の勉強方法」

また、僅差で惜しくも入賞はなりませんでしたが、それ以外の留学生も思い思いのテーマで発表してくれました!
曾 將さん(台湾)「世界に羽ばたけ台湾企業」
郭 子豪さん(中国)「サービスから勉強しよう」
ジヨディロさん(ウズベキスタン)「習慣の違い」

当日は100名を超える聴衆が集まり、大盛会となりました!
留学生のみなさんも、大観衆を前に緊張していましたが、みんな素晴らしいスピーチでした。

DSC_6574
最優秀賞のドミンゴさん

DSC_6623
みんな頑張りました!

DSC_6609
大観衆でした

スピーチコンテストのあとは、表彰式を兼ねた「留学生を囲む会」を行いました。
こちらは50名程度の出席。
石澤総務担当理事による賞状・記念品の授与を行ったあと、熊野連携担当理事による乾杯のご発声で会がスタート。
留学生と日本人学生の良い交流の場になりました。

会の途中からは、毎年恒例のビンゴゲームがスタート。
とてもたくさんの賞品を前にヒートアップし、大盛り上がりでした。
(サンタクロースも来たとか来ないとか)

ビンゴの賞品は、本学教職員の皆様からたくさんご寄付を頂戴したものを充てさせていただいています。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

DSC_6714
楽しい会でしたね。

今年も人数は少ないながらも充実した国際交流活動を行うことが出来ました。
留学生たちも、慣れないながらも日本の生活を少しでも楽しもうと頑張っています。
来年もどうぞよろしくお願いします。よいお年を。

詳しく見る

2016/11/02 大学祭で「グローバルカフェ」を開催しました

10月29日(土)の大学祭で、留学生による「グローバルカフェ」が開催されました。

前の日から準備を頑張りました!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「いらっしゃいませ」の掲示を作る

1477873620894
みんなで折り紙をおる

当日は、5~60人のお客様を、自分たちの国のお茶やお菓子でおもてなししていました。
1477873592107
自分の国の話をする

たくさんの日本人のお客さんと話をして、少しでも日本語がうまくなったでしょうか。
今後の大学生活に弾みがつくといいですね。

また、今回は国際交流サークル「Pole Pole」の日本人学生のみなさんにも企画・運営を頑張ってもらいました。
ほぼお任せでした。

本当にありがとうございました!

詳しく見る

2016/11/02 留学生とチューターの懇談会を開催しました

10月28日(金)に、留学生とチューターの懇談会を開催しました。

10月から宮教大にやってきた5人の留学生のWelcome Partyもかねています。

当日は留学生7名だけでなく、チューターやそれ以外の日本人学生も参加し、30名ほどで賑やかにPartyをしました。

留学生が楽しく充実した大学生活を送れるよう、チューターの皆さんよろしくお願いしますね。
DSC_0103
乾杯するParty People

※チューター:留学生が、日本での日常生活や本学での学習生活を支障なく送ることが出来るよう、必要な支援を行う学生のことです。
学校で出た課題の補助を行ったり、日本の文化を一緒に学んだりします。

詳しく見る

2016/10/25 防災訓練に参加しました

10月24日に防災訓練が行われ、留学生も参加しました。

地震体験車「ぐらら」に乗車し、震度4~6強を体験する留学生
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本学も5年前、東日本大震災に見舞われました。
参加者にとっては、防災について考える良い機会になったと思います。

日本にいる間に地震や震災のことを知ってもらって、ぜひ母国でそのことを広めてほしいと思います。

詳しく見る

2016/10/14 新しい交換留学生を迎えました。

10月から、新しい交換留学生が宮教大にやって来ました。

東北師範大学(中国)・・・1名
國立高雄大学(台湾)・・・1名
中華大学(台湾)・・・・・2名
南ソウル大学(韓国)・・・1名

あわせて5名の学生たちです。
早速国籍を超えて、留学生同士や日本人学生とも仲良くなりつつあるようです。

10月1週目に、早速ガイダンスや手続きなどを行いました。

DSC_0088
情報処理センター鵜川教授による、ネットワークやリテラシーに関するガイダンスを受講する留学生たち。

慣れない土地で大変かもしれませんが、ぜひ充実した留学生活を送ってほしいですね!

<留学生と交流したい学生さんへ!>
留学生部会では、国際交流に興味のある学生さんをサポートします。
定期的に国際交流のイベントを開催していますので、教務課3番窓口までお気軽にご相談ください。

詳しく見る

2016/08/19 留学生実地見学研修(京都)を行いました

7月28日~30日まで、留学生11名と教職員3名の合わせて14名で京都へ研修に行きました。
京都の古いお寺や日本の伝統芸能などの文化に親しむことが目的です。

1日目は仙台空港から飛行機で伊丹空港へ。
京都に降り立った瞬間の暑さに一同参っていました。

その後二条城、金閣寺、龍安寺を見学しました。
DSC_4969
この写真を撮る時にちょうど雨が降ってきました。
しかし、それ以外の間は天気が良く、厳しい暑さに見舞われました。

留学生のみなさんは二条城の「うぐいす張りの廊下」や金閣寺の外壁、龍安寺の石庭をとても興味深く見学し、観光タクシーのガイドさんも大変丁寧にご説明くださいました。

DSC_5021
1日目の夕食の様子

2日目は自分たちで計画を立てて自由に行動しました。
京都市内では嵐山方面や鞍馬寺方面、伏見稲荷など。
更には奈良や大阪まで出かけて行く留学生もいました。

3日目は和菓子作り体験、清水寺見学。
DSC_5106
上手に作れているでしょうか。

DSC_5120
清水寺は外国人観光客が多く、留学生の中には「日本である感じがしない」などの感想を持つ人もいたようです。

3日間を通してたくさんの日本文化に触れ、大変有意義な研修になったようです。
留学生の皆さんが帰国した時、ぜひ日本の良さや日本文化の良さを伝えていってほしいと思います。

詳しく見る

2016/06/28 自分の国の紹介!②

先週の李赫さんに続き、今週も附属図書館で行われました「スパイラル・セッション」。
今回は教員研修留学生(※)として本学で学んでいるドミンゴさん(フィリピン)、ダーランさん(インドネシア)、ジヨディロさん(ウズベキスタン)の3名による発表が行われました。

※母国で実際に教師として働いている方が、日本語や日本文化のみならず、実際の教育現場に即した研究を行うために日本へ留学する制度のこと

DSCN3048

やはり実際に現地で教師として働いているだけあって、とても落ち着いた語り口でそれぞれ自分の母国の文化や気候などを紹介していました。
参加した学生も、普段そこまで知る機会のない国なこともあり、真剣な眼差しで興味を持って聞き入っていました。

教員研修留学生は多種多様な国の皆さんを受け入れることになりますので、より一層本学の国際交流が深まっていくとともに、現職教員であることから学生へ与える刺激も大きいものがあります。
ぜひ今後も続いていってほしい制度だと思います。

詳しく見る

2016/06/21 自分の国の紹介!①

本学附属図書館による企画「スパイラル・セッション」に留学生の李赫(リカク)さんが登場。

李赫さんは中国長春市にある東北師範大学からの留学生です。
今回の発表では中国、とりわけ長春の位置する東北地方の文化や、実際に通う東北師範大学についての説明がありました。
とても分かりやすい日本語で丁寧に発表してくださいました!

DSCN3027

東北師範大学は本学と同じく教員を養成する大学であり、更に仙台市と長春市は友好都市の関係にあることから、並々ならぬご縁を感じます。
今後も交流が続いていけばいいですね。

詳しく見る

2016/06/06 南三陸町、松島町で研修を行いました!

平成28年度留学生「春期研修」として、1泊2日で宮城県南三陸町と松島町を訪問しました。

まずは南三陸町到着後、漁業体験を行いました。
DSCN2927

実際に漁師の方のお話を聞きながら、船に乗って海へ漕ぎ出します。
当日は天気も良く、大変気持ちが良かったですね。

午後はバスの車窓から南三陸の風景を眺めながら志津川のポータルセンターへ移動し、東日本大震災に関する講話を聞きました。
先ほどまで見ていたあの穏やかな海が猛威を振るった震災当時のお話や、その後の復旧・復興のお話に参加者一同真剣に耳を傾けるとともに、被災地域の一刻も早い復興をお祈りしました。

この日の宿泊先は、いわゆる「民泊」。
現地の一般家庭にホームステイさせていただき、交流を深めました。
中にはたくさんの海鮮料理でもてなしていただいたところもあったとか・・・
受け入れてくださったご家庭の皆様、本当にありがとうございました。

ホームステイ先の家族と名残惜しみながらお別れした後、2日目は瑞巌寺をはじめとする松島周辺を散策。
日本三景というだけあって、参加者はみなその優雅な景色を目に焼き付けました。
DSCN3014
とても綺麗な景色ですね。

今回は実際に震災で津波被害のあった地域を訪れるまたとない機会になりました。
留学生の皆さんには、母国へ戻った時にぜひその凄惨さや、復興へ向けて尽力されている現地の人々の姿を伝えていってほしいと思います。

また、今回の研修は公益財団法人中島記念国際交流財団より「留学生地域交流事業」に関する助成金をいただいての開催となりました。
本当にありがとうございました。
公益財団法人中島記念国際交流財団

http://www.nakajimafound.or.jp/

詳しく見る

ページの先頭に戻る